モジモジっ子にイライラなあなた!子どもの「個性」を潰す叱り方してませんか?

子どもが親の思い通りに行動してくれないと、つい頭にきて余計なダメ出しをしてしまいますよね。

例えば、挨拶の声が小さい子どもに対して「大きな声で元気よく挨拶しなさい!」なんて言ってしまうママもいるかと思いますが、これは本当はやってはいけません。

そこで、今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、“個性を潰してしまうママのダメ出し”についてお話します。

 

■蚊の鳴くような声でしか挨拶しないのも“個性”

お返事を「はい」と元気良くし、人に会ったら「おはようございます!」「こんにちは!」「ありがとうございます!」と明るく言える子どもは、先生からもママ友からも好かれますよね。とても積極的で物怖じしない、人見知りもしない子です。

そんなよその子供を見ると羨ましくなってしまい、モジモジしているわが子にイライラしたりしていませんか? 「なんでもっと大きな声で挨拶しないの!」とつい叱りたくなってしまいますよね。

でも、こういったこともその子の一つの特性なのです。せっかくの個性を潰さないようにしましょう。

LINEで送る