忘年会シーズンは「夫婦喧嘩シーズン」?帰宅が遅い夫にイライラしない方法

90149113

忘年会シーズンの12月は、主婦のストレスが最も溜まりやすく、夫婦喧嘩も一年で一番多くなる時期です。妻は24時間子供と向き合わなければならない上に、週末の大掃除や年賀状の作成などで大忙しなのに、夫は毎晩のように飲み会……。

でも、そのイライラを夫にぶつけ喧嘩をヒートアップさせても、いい新年を迎えられません。

今回は『新・良妻賢母』認定講師の筆者が、この忘年会シーズンに起こりがちな夫婦喧嘩の回避策についてお伝えします。

 

■イベントの多いこの時期の「夫婦喧嘩のパターン」2つ

(1)飲み会から帰宅した夫にイライラ

妻がこの時期もっともイライラするのは、飲み会から酔って帰宅した夫に対して。いつもはパパの役割である子供のお風呂も、飲み会の日はママがやらなくてはなりません。何もかも全部一人でやって、せっかく寝かしつけた子供を酔っぱらった夫が大声で起こしたりすれば、堪忍袋の緒が切れて当然かもしれません。

最初は我慢していても、そんな夜が何日も続いたら「いい加減にして!」と思わず大声を出してしまい、これに対して酔った夫が逆ギレをして大喧嘩……というパターンはとても多いのです。

この場合の喧嘩を回避するには、事前の夫婦の話し合いが大切です。

例えば、「夜中12時を過ぎたら、子供と一緒に先に寝ていてもいいかしら。テーブルの上にお水とお茶漬けの用意はしておくからね」と前もって“先に寝ているアピール”をしておくのです。酔っている夫と話し合うよりも、出かける前にちょっと話す方が、断然スムーズにこちらの気持ちが相手に伝わります。

LINEで送る