年末大掃除の頼もしい助っ人になるかも!? 子どもが「お片付け」してくれるようになるための4ステップ

12月になったばかりですが、のんびりしていたらあっという間に次の年……なんてことになってしまいそう。そうならないためにも、年末に向けてのスケジュール立てが必要になってきます。中でも荷が重いのは、年に一度の“大掃除”ではないでしょうか。

 『一年の計は元旦にあり』と言われるからには、新たな年の始まりを清潔で整った家で迎えたいもの。でも子ども達の部屋やおもちゃは、ごちゃごちゃしたままで終わってしまいがち。子ども達にはせめて、自分の持ち物だけでも整理して欲しいものですよね。

そこで今回は、子育てアドバイザーであり四児の母である筆者が、年末の大掃除に向けて“子どもがお片付けをしてくれるようになる4ステップ”をご紹介します!

 

■step1:「お片付けする意味」について話し合う

どんな子でも、自分のおもちゃなどを無くしたことがあると思います。そのときが、お片付けについて話す良いチャンスです。

「どうして無くなっちゃったんだろうね」「ママの靴下は、いつも同じ引き出しに入っているよ。お洗濯が終わったら、ここに帰ってくるの。だから探したことないよ」「○○くんのおもちゃ、いつも同じ場所にあったらどうかな?」

こんな風に、“どうしてお片付けが必要なのか”について、子どもが納得するような話をしてみてください 。

LINEで送る