【育児の悩み】叱っても伝わらないのは「ながらしつけ」が原因かも?

大きな病院で診察を受けると医師が患者の話を聞きながら、視線はずっとパソコンの画面を見ていることってありますよね。そんな時「私の話をちゃんと聞いてくれているのかしら……」と不安に思ったりしませんか? 

これと同じように、子どもへのしつけの時もママがそういった態度をとっていることにより、子どもを不安にさせたり、言うことを聞いてくれない状態にしてしまうことが多々あるようです。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、医師の態度を反面教師にした“子どもとのコミュニケーションのとり方”についてお話しします。

 

■患者を“見ない”医師

大病院では一人の患者が内科、皮膚科と様々な科にかかることがあります。患者の病状を共有するために、紙ベースではなくパソコンに情報を打ち込むのが今や主流になってきていますよね。また、紙でカルテをとっておけば数年もしないうちに病院は患者のカルテで一杯になってしまいます。

確かに病院側のシステムとしては便利だと思います。でも、診察を受ける患者としてはどうでしょうか?

患者の話を聞いてくれているのには違いませんが、目と目を合わせていない状態なので「この医師、私の辛い症状の訴えをちゃんと聞いてくれているのかな?」と不安になってきますよね。

これはご家庭での子どもとのコミュニケーションでも同じような場面に出くわします。

LINEで送る