上級者はココが違う!「子連れホームパーティ」の段取り術3つ

shutterstock_207645019

12月に入ると聞こえてくる話題が“クリスマス”や“忘年会”。普段は仕事や家族を理由に控えていた集まりもぐんと多くなってくる時期だと思います。

ママ友同士、子どもも交えて楽しめるホームパーティを計画している人は多いのではないでしょうか? 子連れだと、どこかで外食するよりも、ホームパーティの方が親子とも楽しめますし、周りを気にせず過ごせますよね。

そこで今日は、数々の子連れホームパーティにお邪魔したことのある筆者が、“おもてなしが上手なママさんに聞いたパーティの段取り術”をお伝えします。

 

■お料理は「1点のみ用意」でOK

ホームパーティの一番の懸念事項はお料理ではないでしょうか?

ママ雑誌やおもてなし本を開けば手間のかかる素敵なパーティ料理がずらりと並んでいるので、本格的に前菜から全部作ろうと思ったら、それこそ前日から徹夜で仕込みをしないと間に合わないレベルなものも多いですよね。

ですが、おもてなし上手のママさんは、お部屋の片付けや子供達の世話などの時間も考慮し、華やかに見えてかつ最小限の手間で済む方法で料理の支度をしているんです。

それは、“一つだけ”豪華なお料理を用意すること!

写真 2015-11-17 13 04 21

ちらし寿司ケーキなど、見た目も華やかでテーブルが賑わう料理を一品用意しておけば、後はサラダや手でつまめるものがあるだけでもテーブルはグンと鮮やかにすることができます。

サラダもサイドディッシュももちろん買ってきたものでもいいですし、さらに段取り上手なママは全部自分の力だけでパーティを成功させようとせず、デザート担当、サラダ担当、という様に、上手に参加者の力も借ります。

そしてそれぞれが持ち寄ったお料理をテーブルに綺麗に並べれば、あっという間に見た目も楽しいテーブルの出来上がり。パーティ用の食器も、テイストを合わせるとぐんと本格的になります。

「100均のものじゃすこし安っぽいわ……」と思うママには300円均一の食器などがオススメ!

image3

300円均一ショップでは、ペーパーアイテムなどにも名品が多く、こだわりたいけどそこまで予算はかけたくないわ、というママさんにピッタリです。あとはテーブルにシャンパングラスなど少し高級感があるのもがプラスされると、豪華に見えるのでオススメですよ!

LINEで送る