今求められる能力はコレ!「生活力のある大人」に育つ子どもの特徴3つ

我が子を“頭のいい子に育てたい”“知恵のある子に育てたい”と、ママなら誰しも思うでしょう。

ですが、単に漢字を書けるとか、計算問題が出来る子という“勉強面”だけでなく、生活力のあるたくましい子だったら尚いいですよね。

生活力がある子どもとは食事、トイレ、歯磨き、着替えなどにおいて自立しているだけではなく、机上の勉強のみで“頭でっかちになっていない子ども”と筆者は考えます。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が筆者が、長年多くの子ども達と接している中で、「おっ! この子はなかなか頭が柔軟で生活力があるな」と思った子どもの例を紹介しながら、“生活力がある子どもの特徴”についてお話しします。

 

■1:文章題に疑問を投げかける子ども

「ダイコンは1本10円でした。100本かったら全部でいくらになるでしょう?」

簡単なかけ算の練習をさせようと、こんな問題を小学生に作成してみました。皆がスラスラと鉛筆を動かす中、じっと問題を睨みつけている男児がいました。

学力が低い子ではなかったので、筆者が「どうしたの? わからないの?」と質問すると、こんな答えが返ってきました。

「10円の大根なんかあり得ない。それから100本買って何を作るんだ?」

確かに激安スーパーでもなければ10円はあり得ない額です。それから仕入れ業者でもなけれな100本なんて買いません。小学1年生で普段、親と買い物をする体験があるのでしょう。値段の相場をよく知っている子でした。

さらに単なる文章題の作り話と受け取らず、逆にいちいち突っかかるところが、将来、大物になる予感がする子どもでした。 

LINEで送る