ウチの夫を「イクメン」に!子育てスキルがみるみるUPするパパ育成術3つ

多くのママがパパには積極的に育児に参加して欲しいと思っているかと思いますが、そのためにはどうやら、うまくママがおだて導く(育てる)必要があるようです。

つまり、パパをイクメンにできるかどうかはママ次第!

そこで今回は、4児のママで子育てアドバイザーの筆者が家庭内で大黒柱としての立場を保ちながら、パパに“イクメンになってもらうための育成術”をご紹介します。

 

ママが絶対やってはいけないNG言動3つ

(1)よその家のパパと比べる

「○○ちゃんのおうちのパパは、週末毎にこどもと公園に行って、ママを休ませてあげるんだって」

「あそこのパパはキャッチボールしてくれるんだって!」

などと、羨ましい気持ちを素直に表しすぎると角が立つことがお分かりになるでしょうか。パパはムッとしこそすれ、“やってあげようかな”などという気持ちには到底なれません。

(2) ママの特権を振りかざす

子どもがパパの抱っこで泣きやまない時に、すぐに受け取って「○○ちゃんは、ママが一番いいんだものね」などと言っていませんか? それではパパは立場がなくなってしまいます。

そしてパパは子どもが泣いたら“自分は最後まで抱っこする必要はないんだ”と判断して、そこから先努力することをやめてしまうでしょう。つまり、いつまでも子育てスキルは上がらないということです。

(3)してもらったことにダメだしをする

お皿を洗ってもらったら「ここが洗えていないよ」、おむつを買ってきてもらったら「この銘柄じゃなかったんだよね~」などと、ついついちょっとしたダメ出しをしていませんか? 

そうしているうちに“どうせ手伝っても文句を言われる”と、パパはもう家事や育児という世界のドアを後ろ手でバタンと閉めて、二度と戻ってこなくなってしまいます。

LINEで送る