好影響と判明!子どもが伸びる「親の期待のかけ方」5つの法則

293728427

生まれながらの天才とまでは言わなくても、やはりわが子には、勉強好きの優秀な子どもになってもらいたいと思いますよね。

そんな子どもに対する期待が、良い効果を生み出すかもしれないというアメリカの研究があります。

今日は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本と欧米の優れた点を取り入れたしつけを提唱している平川裕貴が、“子どもが伸びる上手な期待のかけ方”をお話します。

 

■親の考えが子どもの成績に与える影響

米カリフォルニア大学ロサンゼルス校と米国小児科学会の研究によると、子どもが幼稚園入園時に十分準備できているかどうかは、プリスクールに通っていたというだけでなく、“親の行動”や態度や価値観も影響すると言います。

研究チームは、6,600名の子どもについて、家族の日課、行動、プレスクールへの参加などについて質問をし、子どもには心理的や教育的テストを実施して分析しました。

その結果、経済的に裕福な家庭の子は成績が良く、特に社会的地位が高い家庭の子どもは、算数と読解能力が高かったそうです。

その中で面白かったのは、両親がわが子をどのように育てたいかと言う長期にわたる目標をしっかり持っていたり、親が子どもに、大学に行ってほしいと期待しているかどうかが、子どもの成績に影響を与えたというのです。

LINEで送る