スーパーで子どもが「お菓子が欲しい」と泣いても、買ってはいけない理由

141142534

141142534

“何度も同じことを叱っているのに、子どもがちっとも言うことを聞かない”と嘆いている人がいます。でも、それは同じことを注意している割にはママのやっている態度が一貫性がなかったり、しつけの方針がブレブレなことが原因だったりします。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が子どもに振り回されないために注意すべきポイントについてお話します。

 

■ママが折れがちな育児の場面2つ

(1)スーパーで子どもが地べた泣きしたとき

出かける前に「今日はお菓子は買わないよ!」と約束したのにも関わらず、目の前の色とりどりの美味しそうなお菓子の誘惑に負け「買って~買って~」と大騒ぎする子どもっていますよね。

そんな時、結果としてママが折れて子どもに負けちゃっていませんか? 

泣いて大騒ぎして、周りに凄く迷惑がかかっている、“躾のなっちゃない親”だと思われたくない、だから静かにさせるために買うというパターンです。

本来“スーパーに行くたびにむやみやたらに菓子を買い与えないしつけ”をしようとしているのにも関わらず、自らそれを翻しています。よく分析してみると泣き止ませるために買い与える行為こそが“しつけのなっちゃない親”そのものなんです。

周りの目を気にしてしつけの方針を翻さないようにしましょう。スーパーで地べた泣きされたら、買い物を中止して帰ってしまいましょう。そのためにもダラダラと買い物せずに、買いたいものをカゴに入れてテキパキと買い物をすることもコツです。

“周りに迷惑をかける”“まだ買い物を続けたい”“子どもが欲しがっているから今日だけは”ではなく、「徹底したしつけをする」と決めましょう。すると、子どもは「どんなに騒いでも買ってもらえないんだな」と理解し、次回からはきっと少しは泣き方がトーンダウンするでしょう。

“何を優先するのか”が大切なのです。

 

LINEで送る