赤ちゃんがいる家庭が選ぶべき「加湿器」の購入チェックポイント10つ

259625276

今保育園などでRSウイルス感染が流行っているようですが、乾燥すると喉や鼻の防御機能が弱まり、ウイルスに感染しやすくなります。一般的には、室内の湿度を50~60%に保つことでウイルスの生存率も低くなり、風邪予防になります。

子どもがいる家庭は、加湿器などで室内の湿度調整を行っている方も多いと思いますが、厚生労働省でもこれから流行するインフルエンザについて、加湿器の利用は予防効果があるとしています。

しかし、各メーカーからたくさん発売されている加湿器。タイプも様々でどれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、冬の必須アイテム”加湿器”を選ぶ際、小さなお子さんをお持ちの家庭がチェックすべきポイントをご紹介します!

 

■子あり家庭におすすめの加湿器のタイプは?

加湿器には、大きく4つのタイプがあります。乳幼児ママの場合、子どもが近づいて危なくないか、長時間使っても電気代が高くならないかなど気になることが多いですよね。タイプ別にママ目線で特徴を見ていきましょう。

(1)スチーム式

水を加熱して蒸気にするため殺菌効果が高く、4タイプの中で衛生面はダントツに優れていますし、加湿力も高いです。ただ、熱い蒸気による火傷の心配があるので、今までは子あり家庭には向いていませんでした。しかし、最近は蒸気をそのまま出すのではなく、ファンで送り出すことなどで吹き出し口が熱くならない『スチームファン式』の製品も登場しています。

殺菌力はそのままに火傷の心配がなくなったので、衛生面にこだわる子あり家庭におすすめのタイプです! その他のメリットとしては、お手入れがラク、暖かい、加湿立ち上がりがスピーディーなことなどが挙げられます。他のタイプと比較して、電気代が高くなる、ファンスチーム式でないと送風口が熱くなるといった点がデメリットです。

(2)気化式

「そこそこの加湿力でも良いので、熱くなる危険がなく長時間つけっぱなしにしても電気代が高くならないものがいい!」という人におすすめ。電気代が安く、送風口が熱くならないので、家に居る時間が長い乳幼児ママには嬉しいですよね。

立ち上がりがゆっくりで即効性がない、加湿力が弱め、ファンの音がうるさいので寝室には不向きといったデメリットがあります。パナソニックなどの大手メーカーからは、気化式の製品が多く出ていますので選択肢は多いです。

LINEで送る