コレは驚き!学力より大事な「自己肯定感」は5歳までに確立されると判明

最近よく聞かれる“自己肯定感”という言葉。これはもちろん、自分を大切に思ったり、自分は価値のある人間だと思えるような感情ですよね。

こういう感情は、大人になるまでのいろいろな経験を通じて身に付くものだと思われていましたが、実はそうではなさそうなのです。

今日は『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』著者で、日本と欧米の優れた点を取り入れた点を取り入れたしつけを提唱している平川裕貴が、アメリカの研究結果をもとに、子どもの自己肯定感についてお話したいと思います。

 

■自己肯定感は5歳までに確立される

米ワシントン大学の研究によると、自己肯定感や自尊心は、“5歳までに”確立されると言うのです。

自己肯定感や自尊心は、生涯にわたってほとんど変わりなく持続するものですが、それが、なんと5歳までに確立してしまうというのですから驚きです。

科学者の中には、未就学児には自身について良い悪いの判断はできないのではという声もあるようですが、ワシントン大学の研究者達は、新しく開発した幼児向けのテストによって、幼児の自己肯定感を測ることができたそうです。

それによると、子どもは学校に入学してから自己肯定感を身に付けるのではなく、すでに“自己肯定感を身に付けて”学校に入学するのだと言います。

だとすると、ますます幼児期の親の関わり方が重要になってきますね。

LINEで送る