プレママが「出産直前まで仕事を続ける」ための3つのポイント

261984521

最近は共働き家庭が増えており、妊娠しても出産直前まで働いている女性が多いようです。妊娠すると女性の身体にはさまざまな変化が起こり、初期はつわり、中期~後期は体が疲れやすい、むくみなどといった症状が出てきます。

そんな妊娠期の身体の変化と上手に向き合いながら出産間際まで元気に働くためには、日常生活の過ごし方が重要になってきます。

そこで今日は、セラピストの筆者がマタニティーライフの負担を軽くするために毎日の生活で心がけたいことをお伝えします。

 

■「マタニティーライフ」の負担を軽くするために心がけたい3つのコト

(1)同じ姿勢を続けない、動かす

デスクワークの時間が多い方は、どうしても長い時間椅子に座っているため同じ姿勢になりがち。そうなると、体内に水分が流れずらく一ヶ所で滞ってしまします。

デスクワークの方は、休憩時間にストレッチをしたり、こまめに手足の筋肉を動かすようにしましょう。特にふくらはぎを動かすことで脚のむくみやだるさが解消されます。

●休憩時間にできるおすすめの運動法

・足首を回して目いっぱいつま先立ちで上に伸びをし戻しましょう。つま先立ちは10秒×5セット。特にポンプ作用の強いふくらはぎ刺激して動かしましょう

・手先を横に広げ胸位置(心臓)より上に挙げて肘を曲げ伸ばし、指先をグーパーしましょう

・軽いウォーキング。この時歩幅を広げ、ふくらはぎを意識して地面を蹴って歩きましょう。週末などに時間がある方は、プールでの水中歩きもおすすめです

LINEで送る