【分かりにくいを攻略】「1歳児の予防接種」でママが気をつけたい3つのポイントって?

130390520

わが子が生まれて1年経つと、「ママ」「パパ」と呼んでくれる日を心待ちにしている人も多いと思います。お子さんによっては歩き出す子もいるかもしれませんね。そして時同じくして、やってくるのが予防接種。

0歳児と比べて種類は多少少なくなってきますが、種類やスケジュール立てが難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は助産師である筆者が、1歳児ママのための予防接種の基本と接種のポイントについてお話します。

 

■予防接種とワクチンの種類

●予防接種の種類

定期接種:国から奨められているワクチン

任意接種:個人が接種を受けるか決めるワクチン。費用は自己負担ですが、重要度が低いわけではありません。

●ワクチンの種類

生ワクチン:細菌やウイルスを弱毒化させたもの。接種後はほかの予防接種は4週間(27日以上)あける

不活化ワクチン:細菌やウイルスを無毒化・不活化したもの。接種後は他の予防接種は1週間(6日以上)あける

 

■「1歳児の予防接種」ってなにがあるの?

定期接種・・・MR(麻しん風しん混合)ワクチン、水痘(水ぼうそう)

任意接種・・・おたふくかぜ

ワクチンの種類としてはすべて生ワクチンになります。これに加えて、0歳児から接種しているHibワクチン、肺炎球菌、四種混合の追加接種があるかと思いますので、以下予防接種スケジュールを改めて確認してみてください。

予防説明絵

予防接種スケジュール表

LINEで送る