夫婦仲が劇的に変わる♡「4つの脳タイプ別」夫婦コミュニケーション法

46371940

夫や家族と話していて「この人の話はよく分からない……」「この人とは話が通じない……」と思うことってないでしょうか? あるいは、説明や説得をしようとしても、全然こっちの言いたいことが伝わらないということもあるでしょう。

そうしたコミュニケーションの“ズレ”は、もしかしたらちょっとしたコツを知ることで埋めていけるかもしれません。

そこで今日は、コミュニケーションライターの筆者が、コミュニケーション心理学講師の『松橋良紀さん』の著書をもとに、人間関係がうまくいくようになる、4つのタイプ別コミュニケーション法についてお伝えします。

 

■人は脳の使い方によって「4つのタイプ」に分類できる

人は、脳の使い方によって4種類のタイプに分類できます。日々起こるコミュニケーションのズレは、このタイプが違うことによって起こっている可能性があります。

そのタイプを調べるには、まず「『海』と言われた際に最初に何を思い浮かべるか?」を自分と、相手に質問してみてください。

その結果で分かる「人によって違う4つのタイプ」とは、以下のとおりです。

(1)視覚タイプ・・・『海』と言えば、青空や白い砂浜など映像を思い浮かべる。

見た目を大事にし、身なりもきちんとしていてオシャレ。車を選ぶときは、色など見た目を一番重視する。比較的早口で、話があちこち飛ぶことが多い。

(2)聴覚タイプ・・・『海』と言えば、波の音を思い浮かべる。

言葉に敏感で、要件は電話で話したい。理論的。車を選ぶときは、エンジン音などにこだわる。アナウンサーやセールスマンなど話す仕事をしている人が多い。

(3)体感覚タイプ・・・『海』と言えば、砂浜の感触や日焼けのヒリヒリした感覚を思い浮かべる。

「~な感じ」のような言葉をよく使う。話し方はスローペース。車を選ぶときは、シートの感触やハンドルの握り心地など体に触れる感触を大切にする。

(4)理論タイプ・・・『海』と言えば、濃度3%の塩分でできている、など、数字やデータを思い浮かべる。

理論や理屈を重視する。経営者やリーダーに多い。車を選ぶときは、数字やデータで理論的に判断して決定する。

 

あなたはどのタイプでしたか? そして、あなたの夫やあなたと話が合わないと感じる人は、どのタイプでしょう?

次の項目では、相手のタイプ別のコミュニケーション攻略法をご紹介します。

LINEで送る