将来子どもが「他人を馬鹿にする人」に育ってしまうので親が言ってはいけないNGフレーズ

15762469

「みんなは馬鹿が行く小学校に行くけど、僕は勉強が出来る子が行く小学校に入学するんだ!」これは筆者が実際に目にした光景で、5歳の男児が友達に放った言葉です。

恐ろしい言葉です。まだ幼いのに能力で人を差別する心が育ってしまっています。

では一体なぜ、こんな言葉が子どもの口から出てしまうのでしょうか?

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“子どもは良きも悪しきも親の後姿を見て育つ”についてお話します。

 

■子どもの思考回路は「親の考え」を受け継ぐ

“地元の公立小学校に行くのは頭の悪い子、頭の良い子は国立や私立小学校に通う”、この考えを子どもが元々持っていることはあり得ません。夫婦の会話を聞いていたか、もしくはママや他の大人が一度でも子どもに放った言葉のはずです。

こういった会話を子どものいる前ですることは“自分より出来ない人間を見下す心”を育むことにつながります。

「人には優しくしなくてはならない」「思いやりの心を持ってほしい」と美辞麗句を並べ立て高尚な子育てポリシーを持っていても、ふと発した言葉を子どもは真に受けてしまい、実際には先に紹介したような言葉を口にする子に育ってしまうのです。

親の思いとは裏腹で、これでは本末転倒ですよね。

 

■“はずれ先生”に当たっても子どもに絶対言ってはならないコト

幼稚園、保育園、小学校、習い事教室において、資質が高い先生もいればそうでもない先生もいます。

習い事であれば曜日を変える、責任者にクレームを言うことで解消できることもあります。でも担任は変えられません。親子で転園、転校しない限りは最低1年間、我が子を担任に託すわけです。

では、運悪くよくない先生に当たってしまった場合、どうすればいいのでしょうか?

ついつい憂さ晴らしに他のママ友と電話で「ねえねえ、○○先生の対応酷くない?あれじゃあ子どもが可哀想よ」と延々とお喋りする人もいますが、これはNGです。また、家庭でも子どもがいる前で「ねえねえ、パパ聞いてよ。○○先生が……」と悪口を言ってはいけません。

ママの言葉を真に受けた子どもは必ず「この先生は悪い先生、力のない先生」と先生を甘くみたり馬鹿にするようになります。ママの言葉は子どもにとって絶対的なものだからです。

そして、この子どもの態度から“親子から自分がどう評価されているか”ということが担任にビンビン伝わってしまうでしょう。場合によっては担任に嫌われてしまい、子どももそれを感じて悪循環に陥ることも……。

時には不満を誰かに話すことは精神的なバランスを保つためにとても大事なことですが、子どもは毎日その担任の指導を受けるということを忘れないようにしましょう。

 

いかがでしたか。

子どもは親の思う通りには育ちません。親の後ろ姿、親のしているように育ちます。子どもの前で絶対に言ってはならない言葉があります。どうしても誰かに話をしたい時は子どもが寝た後やいない場所で話をするようにしましょうね。

【画像】

※ Monkey Business Images / Shutterstock

【関連記事】

ぽぽかバナー

シュフーバナー

※ 将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

絶対にやめて!どんどん子どもの行儀が悪くなる親のNG行動5つ

電車でのアノ行動が!? 子どもを「恥知らず」に育てている思わぬNG行動とは

※ 子育ての秘訣「我慢しないこと」を実現できる、神アプリって何!?【PR】

※ 【飲むカイロ!】冷えも便秘もむくみも一挙解決!話題沸騰中の「ポカポカアイテム」って?

【姉妹サイト】

※ 1つでもやってたら残念!夫を出世させる妻は「していない」3つのコト

貯め時を間違えると大変!子どもを大学まで行かせる貯金計画の立て方

なんと96%が実感!? ダイエッター女子に大人気の●●ダイエットとは?[PR]

二の腕ヤバい…1日たった2回で驚くほどスッキリ腕を作る「ネジネジ体操」とは

【参考】

立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社

【著者略歴】

立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

LINEで送る