あるある~!子どもに「絵本の読み聞かせ」をしてイライラしちゃう瞬間3つ

220586425

“絵本は心を育てる“”絵本は子どもの言葉を豊かにする“というのは良く聞くフレーズです。 “子どもに絵本を読んでやらないことは、前頭葉を切り取る手術をしているのと同じ”なんていう言葉もあるほど、読み聞かせは幼少時の子どもの育脳にとって大切であると言われていますね。

ところがいざ読み聞かせを始めてみると、子どもが飽きもせず昨日と同じ本を持ってきたり、途中でどこかへ行ってしまったりしてうまくいかず、次第にストレスが溜まってしまうというママは意外と多いもの。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、親が読み聞かせに“ストレスを溜めない”コツをお話します。

 

■あるある!「読み聞かせにまつわるお悩み」3つと対処法

(1)同じ本ばかり持ってくる

子どもは“繰り返し”が大好き。反対に大人はよほどの本でない限り、一度読んだ本を何度も読み返すことはまずありません。何度も過去の同じ自慢話をするママ友の話に「その話、前にも聞いたよ」とうんざりすることってありませんか?

同じ話を繰り返し聞くことははっきり言って苦痛ですよね。だから、同じ本を子どもにリクエストされるとうんざりします。

けれども、子どもは真逆。知っているからこそ何度も聞きたい“反復好きな生き物“なのです。読み終えた途端「もう1回読んで」と言ってきます。好きなページが近づいてくると笑う準備までしています。

子どもは繰り返し同じ言葉を聞くことにより、母国語としてマスターしていきます。「突然、犬が出てきてびっくりしちゃった」こんな言葉を話す子どもは「突然、鬼が出てきました(大工と鬼六の話)」を繰り返し読んでもらっていた経験がある子どもです。

それには反復が欠かせません。読み終えた途端「もう、1回読んで」と言われたら、トコトン付き合ってやりましょう。

LINEで送る