子育てストレスで「怒ってばかりのママを変える」パパのイクメン行動4つ

shutterstock_282995237

「ただいま」とドアを開けて一番に聞こえてくるのは、ママの怒鳴り声と子どもの泣き声。毎日これでは、とても“安らぎの我が家”とは言えませんよね。パパも家へ帰る足が遠のいてしまうかもしれません。

逃げたい気持ちもよく分かりますが、これは家族の問題、パパの問題でもあるのです。しかもこの問題の場合は、パパのちょっとした行動で、お家の中のピリピリムードをガラリと変えられるかもしれない可能性を秘めていますから、ぜひパパに頑張って頂きたい!

今回は四児の母で子育てアドバイザーでもある筆者が、怒ってばかりのママを救うパパの行動4つをご紹介します。

 

■ママの怒鳴り声は、SOSを出している証拠

仕事で不在の間、ママは何をしているかご存知ですか 朝ご飯の片付けをしている最中にぐずり出す我が子、その相手をしていたらゴミの時間はとうにすぎてしまった。掃除もままならず、すぐに子どもの離乳食。ゆっくり1さじずつつき合っていると軽く1時間は過ぎてしまいます。気付いたらお昼ご飯、台所を見ると、まだ朝ご飯の食器が山積み……。

可愛い盛りの子を怒鳴ってしまうのは、ママが心身ともに余裕が無く、疲れているからかもしれません。そのような前提のもと、以下のような行動を試してみる事をオススメします。

 

■1:【片づけ・掃除】散らかった台所や部屋は黙って片付ける

もし帰宅したときに台所がぐちゃぐちゃだったり、おもちゃが散乱していたら、黙って片付けてください。週に一度でも、家中掃除機をかけてもらえたら、それだけでママは大助かりです。

また、冷蔵庫に腐った野菜を発見しても、何も言わずに捨ててください。とにかく自分は“夜中にこっそり仕事をする小さな小人”に徹してください。「野菜が腐ってたから捨てたよ」などと指摘した途端、功績は無に帰します。

子育てのストレスでいろいろなことに敏感になってしまっているママ。イラッとすることがあっととしても、そこは心を広くして、グッと我慢してください。

LINEで送る