どんより疲れ顔がパッと明るく!忙しい子育て中でも簡単「マルマを押すだけ」フェイスマッサージ♡

ママは24時間営業で子育てをしているから鏡を見ることも少なくなり、たまに鏡に映った自分の顔を見て、驚くほど疲れていることにふと気付くこともあるのではないでしょうか?

特に幼いお子さんがいると毎日の夜泣きで睡眠不足が続き、目の下にはクマ、顔は血行が悪く「大丈夫?」と周りから言われたり……。

今日はヨガインストラクター兼アーユルヴェーダアドバイザーが、時間がないママにおすすめの“自宅で簡単にできるフェイスマッサージ法”をお伝えします。

 

■ポイントは“マルマ”を押すこと!

アーユルヴェーダでは“マルマ”という、中国で使われる“ツボ”のようなものが全身に107個あると言われています。その107個のマルマにはそれぞれに各機能を高める効果があり、インドでは医療としても重要なものとして取り入れられています。

特に頭や顔・首の部分にはたくさんのマルマが存在し、精神疾患や神経系の病気を治すのには重要な場所として扱われています。

今日はこのマルマの場所をいくつかご紹介しますが、顔周辺のマルマはとても小さく個人によってマルマの場所は多少違いがありますので、ポイントを押しながら「ああこの辺が気持ちいいな~」という部分を探ってください。

 

頭頂

頭頂

マッサージをする順番は決めなくても良いのですが、最初だけは頭頂部を刺激することをおすすめします。

頭頂のマルマは全身のエネルギーを整えるのにとても有効で、精神を落ち着かせるポイントです。

頭頂は人差し指・中指を使って円を描くようにマッサージします。少し強めの圧をかけてもOKです。

LINEで送る