父兄会、障害児…「今は使わなくなったNG言葉」、なぜか説明できますか?

280066745

昔は使われていて、今は使ってはならない言葉って結構ありますよね。“放送禁止用語”もどんどん増えています。でも、言葉だけを変えても、その考え方を失くさない限り差別や偏見はいつまでも残ったままです。

そして、その言葉の背景にある本質を理解していないために、何気ない会話の中で無意識に当事者を傷つけてしまっていることが結構あるんです。

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、“今は使われなくなった言葉”をいくつかピックアップし、その背景ついてお話します。

 

■昔使われていて、今はあまり使わない言葉

看護婦は、“看護師”

保母は、“保育士”

精神分裂病は、“統合失調症”

躁うつ病は、“双極性障害”

など時代とともに言い方は変わってきています。

“父兄会”は男尊女卑を彷彿とさせる言葉という理由で、ほぼ全部の保育園、幼稚園、学校が“保護者会”と使っています。「父兄の皆様……」なんて司会者が口走ってしまうと、後でひどくバッシングを受けることもあるのです。

また、片親の子に配慮して、父の日、母の日をなくし“父母の日”、両親ともおらず祖父母の元や施設で育っている子がいるからと“保護者の日”としている園もあります。片親の“片”も良しとしない風潮もあります。

でも、実際、親がいない現実は変わらず、子どもは毎日その環境で育っているので「うちにはママがいない」「うちはパパはいない。ママ一人で僕を育ててくれている」とちゃんとわかっています。言葉だけを変えて気を使っているのは園側だけの自己満足だったりします。

LINEで送る