アナタは大丈夫?「産後クライシスになりやすい夫婦」の特徴3つ

出産後、夫婦が良好な夫婦関係を築くことが出来なくなってしまう危機的な状態を、“産後クライシス”と言い、数年前から話題になることが多くなってきました。

しかし、産後クライシスに陥ってしまう夫婦と、そうでない夫婦が存在するように、全ての夫婦が出産をきっかけに険悪になるということではありません。

そこで今日は、6,000件以上の夫婦問題を解決に導いてきた筆者が、“産後クライシスになりやすい夫婦の特徴”をお伝えします。

 

■2歳児の子供をもつママの3人に1人は「夫を愛していない」!?

子供が生まれる前後で、夫婦間で“お互いへの愛情”には夫と妻とで大きな違いがあるということが分かった、とNHKの番組で取り上げられたことがあります。

妊娠期・・・夫(74.3%)、妻(74.3%)

0歳児期・・・夫(63.9%)、妻(45.5%)

1歳児期・・・夫(54.2%)、妻(36.8%)

2歳児期・・・夫(51.7%)、妻(34.0%)

子供の成長と共に、夫婦お互いの「愛している」という気持ちが減少していることが見てとれますが、注目していただきたいのは“妻”の夫に対する気持ちです。子供が2歳になる頃には、3人に1人の妻が、夫に愛情を感じなくなっているのです。

子供が2歳ということから想像した場合、結婚してまだ数年しか経過していない夫婦である可能性が高く、今後の夫婦関係を考えると決して軽くみてはいけない問題だと感じます。

LINEで送る