港区とあの区がお得!? 「妊娠をきっかけに引っ越し」する時チェックしたいコト

妊娠が発覚したら将来について様々なことを考えると思います。中でも子育てをする家については多くの方が悩まれるのではないでしょうか。

そこで今日は23区の各自治体の助成の面から見て、“どこが妊娠・出産・子育てにやさしい街なのか”をお伝えします。

 

■出産時の助成の金額は区によって差があった!

筆者は妊娠が発覚し、“当時住んでいる部屋では狭くて子育てができない”という理由で今年に入って引越しをしましたが、出産一時金を“上限60万円”まで助成してくれる港区に引っ越すことにしました。

通常は一律42万円のところ、それよりもプラス最高18万円も多く助成してもらえると本当にありがたいです。何故なら都内で出産をしようと思うと、ほとんど42万円では足りないからです。

ただし「父または母が出産日の前から出産後も港区に住所があり、かつ申請日時点で引き続き1年以上港区に居住していること 」という条件がありますので、必ず“出産前に引越しをすること”が必須ですのでご注意ください。

また渋谷区においては“ハッピーマザー出産助成金”というものがあり1人の出産につき限度額100,000円が支給されるようです。

LINEで送る