アナタはどっち派?「生まれてくる子の性別」を事前に知るメリット・デメリット

出典:https://pixta.jp
出典:https://pixta.jp

妊娠してまず、気になることの1つは“性別”だと思います。現在、性別を事前に聞く人の方が圧倒的に多いようですが、聞くにしても聞かないにしても是非その先のことを頭に入れて、どちらにするのかご夫婦でしっかり話し合って決めましょう。

それぞれのメリット・デメリットをまとめてみましたので是非参考にしてみてくださいね。

 

■性別「聞く」派

<メリット>

・赤ちゃんグッズの準備がしやすい

抱っこ紐やベビーカー等は出産後に購入しても全く問題無いと思いますが、出産前に最低限準備しておきたいものには肌着や洋服、ねんねグッズ等が挙げられます。女の子ならピンクや赤の可愛いもの、男の子ならブルー系等、産まれてくる我が子の顔を想像しながら楽しく準備ができるかと思います。

・名前を決めやすい

産後14日以内に出生届けを出さないといけないと思うと割と焦ってしまうものです。性別が事前に分かっていれば絞って考えることができ心のゆとりができます。

また妊娠中からお腹の赤ちゃんに「〇〇ちゃーん」などと話しかけることもでき、ママとベビーの繋がりを深く感じることができ、その記憶はずっと残ることだと思います。

<デメリット>

・買い直しが発生する場合も

男の子と言われた場合はほぼ確実のようですが、女の子と言われていたが出産直前で「男の子だった!」ということは稀にあるようです。ですので、それまでに女の子用のものを買い揃えていたとしたら買い直す必要が出てきます。

LINEで送る