1ヵ月の平均額は●●円!? 3歳までの子どもアリ家庭が「食費を節約」するコツ3つ

出典:https://pixta.jp/
出典:https://pixta.jp/

子どもが生まれたら、かわいい洋服も着せたい、家族でレジャーも楽しみたい、将来の教育費も貯めなくては……とお金の出ていく機会が増えるのは確かです。

ですが、「この時期はお金がかかるから仕方ない」と言っていると貯蓄ができない家庭になってしまいますので、家族の将来のためにも、その中で節約できるものはきちんと節約していきたいもの。

そこで今回は家計管理に詳しいファイナンシャルプランナーの筆者が、家計の中でも見直しがしやすい食費について、3歳までの子どもがいる家庭ができる節約のコツをお伝えします。

 

■食費の平均額ってどのくらい?

2014年の総務省の家計調査によると、二人以上の勤労者世帯における食費の平均額は月に71,184円。意外と多い!と思う方もいらっしゃると思いますが、この数字には外食費、給食費、酒代も含まれています。これらを除くと53,337円。さらに平均世帯人員は3.4人となっていますから、一人当たりに換算した1カ月の食費額は15,700円程度になります。

また、1~2歳の子供が1日に必要なカロリーは1,000キロカロリー程度ですから、成人のおよそ半分の食費がかかると考えれば良いでしょう。

そうすると、夫婦と3歳までの子どもが一人いる家庭の1カ月の食費額は、

15,700円×2.5人=39,250円

が平均的な数字になるといえます。

LINEで送る