【七五三の心得】子どもの笑顔が消える「やってはならない親のNG行動」と事前準備2つ

出典:https://pixta.jp/

来月11月は七五三ですね。ちょっと前まで腕にすっぽり収まる赤ん坊だった我が子が、立派に成長したことを家族でお祝いする、大切な行事です。小さな子がきちんと正装をしておすましする姿は、親でなくとも思わず口元がほころんでしまう可愛さですよね。

我が子の晴れ姿、一生の思い出として、素敵な写真になるようカメラ片手に子どもの笑顔を引き出そうとするママとパパの姿を目にしますが、子どもは予測不可能な生き物。

慣れない下駄に「抱っこ!」と歩くのを拒否したり、衣装を目の前にして「着たくない!」とぐずったり、カメラを向けられて泣き出したり……。

そこで今回は四児の母である筆者が、当日こんな困ったことにならないよう、我が子のとびっきりの笑顔を写真に残すために親ができる工夫をご紹介します。

 

■七五三当日を「笑顔」で迎えるための事前の準備2つ

(1)いつもと同じ生活リズムで

子ども達は“いつもと違うこと”を嫌うものです。慣れない場所や人と会った夜に眠れなくてぐずったり、夜中に大泣きしたり、そんな経験をお持ちのママも多いのではないでしょうか。

笑顔は健康のバロメーターでもあります。体調が芳しくないときに表情が暗くなるのは自然なことです。ですから、当日万全の体調で臨めるように、前日は特別なイベントは極力入れず、出来るだけ同じリズムの日々を過ごしましょう。

(2)どんな衣装を着るのか事前に教える

お着物やドレスにスーツ。それらの“いつもは着ない特別な着物”を楽しみにする子どももいれば、「そんなのイヤ!」と拒否する子もいます。

どちらにしても、前もって「こんな服を着るんだよ」という風に、実物を見せたり、同じような衣装を着てニッコリ笑う子の写真を見せたりして、子ども達に心の準備をしてもらいましょう。

幾つか選択肢を用意して、子ども自身が衣装を選ぶのも、“自分が選んだものを着る”という楽しみにつながり、当日の段取りがスムーズに進むかもしれません。

LINEで送る