「寝起きが悪い」「朝グズる子」を上手にコントロールして朝起こすコツ3つ

17813725

朝晩の気温がぐっと下がってくると、温かいお布団にくるまった子ども達がなかなか起きてこなくて困る、といったママの悩みをよく聞きます。

特に、子どもを保育園や幼稚園へ預けて働いているワーママは、通園や通勤の決められた時間があり、毎朝ぐずる子どもに苦戦しているのではないでしょうか。

そこで今回は、四児の母である筆者が、そんなママへ試していただきたい寝起きの悪い子をうまく起こすコツをご紹介します。

 

■寝起きの悪い子をうまく起こすコツ3つ

(1)まずは生活リズムを整える

寝起きが悪くなるのは、前日の夜に食べ過ぎたり飲み過ぎたりした場合が多いです。普段から夕ご飯の時間や量などは大体同じくらいにしてリズムを作ることで、子ども達の朝起きる時間も一定になります。

もちろん、特別な日は時間が遅くなってしまったり、ご馳走やジュースを飲む事もあるでしょう。そういった予定がある日は、できるだけ子どもの生活リズムを崩さないよう、次の日がお休みの日に設定することをおすすめします。

LINEで送る