2歳児のイヤイヤ期で超苦戦!親子で「歯磨き」を楽しく乗り切るコツって?

子どもが2歳を過ぎるとやってくる“魔のイヤイヤ期”。ご飯を食べるのもイヤ、お風呂に入るのもイヤ……なんでも「イヤ!」と言われ続けるママは本当に大変ですよね。

どんなに忍耐強く言い聞かせしようとしても、子どもの欲求には限界がありません。

「いつかは終わるから我慢、我慢」と頭では分かっていても、なかなかゴールの見えない“魔のイヤイヤ期”に心が折れそうになってしまうママは多いのではないでしょうか?

そこで今日は、イヤイヤ期にありがちなことを“楽しく乗り超えるアイテム”をご紹介します。

 

イヤイヤ期で「一番困る」行動は…?

なにかにつけて「イヤ!」を連発するイヤイヤ期の中でも“歯磨き”で困っているママは多いのではないでしょうか?

筆者の息子も、イヤイヤ期真っ只中で“歯磨き”をしようとすると、いつも暴れまくり、泣き叫んで手に負えずとっても大変です。特に、奥歯でものを噛めるようになる2歳頃からは“乳歯を大切にしてあげたい”のに、そんな親心を分かってくれるはずもなく歯磨きに失敗して諦めてしまう日も……。

また、電車の中や外出先など「頼むからおとなしくして!」と思う場所に限って発動するイヤイヤ攻撃。

お気に入りのお菓子を持たせると大人しくなる子どもは多いと思いますが、毎回お菓子を与えていては悪い影響が気になるところですよね。

そんな時に安心して与えられるピッタリなアイテムを発見。それは、ママ友たちの間でも話題の『キシリトールタブレット』です!

 

魔のイヤイヤ期に強~い味方のタブレット!

『キシリトールタブレット』は、いつでもどこでもさっと出せる“子ども向け”のタブレット。

甘味料としてキシリトールが100%配合されていて、ノンシュガー品質。しかもアレルゲンフリー(27品目中)なので、“子どもに安心して与えること”ができるんです!

 

子どもがなめやすい「大きさ」と「形」

2歳児は魔のイヤイヤ期に他にも、好奇心が芽生え“ポイポイ何でも口に入れてしまう時期”。

誤飲や食べ物を喉に詰まらせてしまう“誤えん”も増える年頃なため、「これまでより目が離せなくなった」と常にヒヤヒヤしているママも多いのではないでしょうか?

キシリトールタブレットはそんな小さい子どもでも安心して食べられるように、間違って飲み込まない“適度な大きさ”と、気管をふさぎにくい“穴あき形状”になっています。

しかも、子どもに大人気のしまじろうパッケージでグレープ味!

 

子どもたちの人気者「しまじろう」が歯磨きを応援!

キシリトールタブレットはママ友の間でも話題で、筆者のママ友の子が歯磨きをまったく嫌がらないと言うので、「どうやって歯磨きしているの?」と聞いたところ、なんと、キシリトールタブレットを使っているとのこと。

少しずつ歯磨きをして、嫌がらずにできたときは「がんばったね~!」とご褒美にひとつあげるんだそうです! そうすると、「歯磨きの時間だよ」といっても、まったく嫌がらずお口を大きく開けて歯磨きを楽しんでくれるようになったんだそうです。

筆者もさっそく息子にマネをしてみたところ、あれだけ嫌がっていた歯磨きを“タブレット欲しさ”に楽しみにしてくれるようになりました。今ではご飯のあとの歯磨きが習慣になり、自分から進んで歯磨きをしてくれるようにまでなっています!

小さい子ども向けのキシリトールタブレットを常備して、ママも子どもストレスを溜めることなくイヤイヤ期の“歯磨き”を乗り越えちゃいましょう!

 

【参考】

※ 子どもが大好きなしまじろうパッケージの『キシリトールタブレット』はこちら

Sponsored by ロッテ

LINEで送る