パニック厳禁!子どもが高熱時「熱性けいれん」を起こしたときのNG対処法3つ

寒さが増してくると、風邪を引いたり熱を出したりすることが多くなりますよね。小さい子どもが高熱を出したときによく起こるのが、“熱性けいれん”。日本ではだいたい10人に1人ぐらいの割合で起こると言われています。

もし我が子が高熱を出してけいれんを起こしたら……!? そんなとき冷静に対処できるよう、今日は熱性けいれんについてお伝えしていきます。

 

■熱性けいれん、いつ、どんなふうに起こる?

熱性けいれんは、38度以上の発熱をしてから24時間以内に生じることが多く、体温の急激な上昇時に生じます。子どもが熱性けいれんを起こしたとき、よく見られるのが、手足を伸ばして全身を突っ張らせる、もしくは体を曲げて強く固まったり、規則的にガクガクと激しく震えるなどの症状です。まれに、全身の力が抜けて、崩れ落ちるように転倒することもあります。

子どもに起きるけいれんの中では最も頻度が高いのですが、通常は数分で治まります。けいれんが消失して意識が戻り、元気な場合は特に治療の必要がありません。

生後6か月以上~6歳未満の乳幼児に生じ、1歳未満で熱性けいれんを発症すると、その後6歳になるまで発症を繰り返す傾向があると言われています。6歳以降の発症はほとんどありません。親に熱性けいれんの既往があると、その子どもも発症しやすくなると言われています。

 

LINEで送る