子どもに算数力が身につく!幼児期に取り入れたい意外な習慣「ベッドタイムストーリー」

中学生や高校生になると算数(数学)は重要科目。やはり小学校の時から算数ができる子にしてやりたいと思いますよね。

でも、論理より感情が勝ってしまう女性には、数学が苦手という人が多いのではないでしょうか? かく言う筆者も苦手でした。自分が苦手だと、子どもの教育の中でも避けてしまいがちになりますよね。

そんな数学が苦手なママに朗報です!

今日は『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本と欧米の優れた点を取り入れたしつけを提唱している平川裕貴が、最新科学で証明された、“子どもに算数力を身に付けさせる超簡単な方法”をお伝えします。

 

“Bedtime Math”に関するシカゴ大学の研究 

アメリカでは、就寝時に“ベッドタイムストーリー”と言って、親が本を読み聞かせることが多く見られます。

そのベッドタイムストーリーを利用して、シカゴ大学の心理学者Sian BeilockとSusan Levine は、約600人の家族にそのアプリの入ったタブレットを配布する実験を行いました。

あるグループには、ストーリー中に“数”や“形”や“計算”などを含む数学に関する質問をいれたアプリを配布し、別のグループには似たようなストーリーで、数学に関する質問はない読解力を問うだけの質問を入れたアプリを配布しました。

その結果、数学アプリを使った子どもは、数学の成績に著しい成果が表れたのです(それほど熱心ではなく1週間に一度しかやらなかった子どもでも、学年末には成果に表れたそうですよ!)。

 

LINEで送る