全部使ってますか?子どもが「自分は愛されている」と実感できる親の日常フレーズ5つ

shutterstock_223203460

最近よく耳にする”自己肯定感”とは、自分の良い面も悪い面も自分自身で受け入れることができる、前向きな感情のことです。

子どもに自己肯定感がないと、なにをやるにしても自信がなくなってしまいます。では、いったいどうやって身に付けさせればいいのでしょうか?

実は、自己肯定感というのは、子どもが「自分は愛されている」「自分を大切に思ってもらっている」と感じることで身についていくのです。子どもは、親の普段の接し方や言葉がけから、自分が親からどう思われているかを感じ取っています。

今日は、『グローバル社会に生きるこどものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』の著者で、日本と欧米の優れた点を取り入れたしつけを提唱している平川裕貴が、子どもが「自分は愛されている」と感じることができる“親の言葉がけ”についてお話します。

 

■1:「愛してるよ」「大好きだよ」

欧米では、“I love you”を子どもに対して頻繁に言います。またハグやキスなどのスキンシップも多く取ります。まさしく単刀直入にはっきり言うわけですから、子どもは親から愛されていると感じることができますよね。

日本語では「愛してる」と言うより「大好きだよ」と言ってあげた方が、子どもには伝わりやすいと思います。

たとえば、夜寝る前にギュッと抱っこして、「大好きだよ。おやすみ」なんて言ってあげると、子どもは幸せな気分で眠ることができるでしょう。

 

LINEで送る