家計管理、適役は夫?妻?ママFPが教える「貯まる家」になるためのアドバイス

 

いきなりですが、みなさんのお家では夫婦どちらが家計を管理していますか? 妻、夫どちらかが、家計管理をしているかと思いますが、どちらが主体的に管理をしているかで、それぞれのお悩みも違うかと思います。

今日は、ファイナンシャルプランナーである筆者が、家計管理に関する調査結果とともに、主体者のタイプ別に家計管理のポイントなどをまとめました。

 

 ■最近増えている!?夫が主体の家計管理

オリックス銀行が行った調査結果によると、家計を管理する主体が“夫”と答えた割合は2年連続で上昇中とのこと。2014年は、約3割の家庭で家計を「夫が管理」しているとの結果になったそうです(「妻が管理」は逆に2年連続減少で56.2%)。

家計管理というと、奥さんがレシート片手に家計簿を付けながら悩んでいる……。そんなイメージをお持ちの人が多いと思われますが、筆者の家計相談にお越しの方を拝見すると、ご主人が表計算ソフトで家計簿付けをしているというケースも少なくありません。

 

家計管理のパターン別アドバイス

夫婦どちらが家計を管理したらお金が貯まるかは一概に言えることではありません。しかし、家計管理の主体者がそれぞれのパートナーに対して配慮してあげると上手く収まる一定のルールがあると感じています。

(1)「夫が全体を管理」、妻は生活費を管理している場合

夫が家計全般を管理している場合は、住居費や生活費、通信費など費目もおおまかで、月単位で管理していることがほとんどです。このケースでは、細かな出し入れの多い生活費を妻が管理することが多いため、互いの家計データを共有できるかどうかが成功と失敗の分かれ目となります。

 このパターンの場合、夫は貯蓄できているか、住宅ローンの返済が進んでいるかなど家計全体の状況を妻に伝えてあげてください。将来必要なお金や現状の家計収支に対する認識が共有できれば、日々の生活費やりくりに妻も前向きに取り組めるはずです。

LINEで送る