【子どもに読んであげたい絵本】教育家が厳選した、今も昔も「大切なコト」を教えてくれる絵本5選

shutterstock_129152318

日本国内だけでも、絵本は75,000冊もあると言われています。ママも、「子どもに絵本の読み聞かせをするのは良いこと」と、思ってはいても、膨大な数の絵本から一体何を選べばいいのか、悩んでしまいますよね。

読み聞かせる絵本は、子どもだけでなくママも楽しく、共感できるものの方が嬉しいですよね。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者・立石美津子が子どもだけでなく、ママも共感できるような絵本をご紹介します。

 

■何気ない日常の大切さを教えてくれる絵本2選

いつもいつも同じことをしている日々に嫌気がさすときもありますよね。でもいざそんな日常がなくなってしまうと、人は寂しいと思ってしまうものです。

そんな“何気ない日常”の大切さを教えてくれる絵本を2冊ご紹介します。

 

(1)『怪獣たちのいるところ』 モーリス・センダック(著) じんぐうてるお(訳) (冨山房)

こちらは2009年に映画化されているので、映画をご覧になられた方もいらっしゃるかもしれません。

マックスという男の子がいたずらをしてお母さんに叱らてしまいます。おしおきとして、部屋に閉じ込められたはずが、マックスが居たのは怪獣の国。マックスはそこで王様になり怪獣たちを踊らせたり、悠々自適に暮らします。

しばらくして、お母さんが恋しくなったマックスは怪獣たちの元を去ろうとします。しかし、怪獣たちに好かれてしまい、「食べてやるからいかないで」と言われます。怖くなったマックスが逃げるクライマックスは本当にハラハラさせられます。

夢から覚めた子ども部屋には、お母さんが作った温かいご飯が置いてありました。

どの子も一度は似たような夢を見ことがあるのではないでしょうか。ハラハラ、ドキドキしながらも、自分の居場所の大切さを教えてくれる一冊です。

 

(2)『小さいおうち』 バージニア・リー・バートン(著) 石井桃子(訳) (岩波書店)

この絵本は、全ページが同じ構図で描かれています。タイトルの小さいおうちも最後のページまで変わらず建っています。変わるのは周りの景色だけ。

田舎だった環境がやがて人が住み町へ変わり、都会へと変貌していきます。気づけば夏も冬もわからないくらいにまで、町の風景は変わってしまいます。

最初は都会にあこがれていた小さいおうちも、白いひなぎくの花が咲き乱れる昔に戻りたくなります。そして田舎に戻り、普通の幸せを噛みしめるお話しです。

ついつい“進んだ”ものばかりに憧れてしまうこともあるかと思いますが、そんな時に“普通の幸せ”の大切さを教えてくれる一冊です。

LINEで送る