コレは子育てにも使える!最新研究で「失敗を成功のもと」にするコツが判明

shutterstock_71154418

我が子が何かで失敗した時、当然ながら、落ち込んでいるのは親より子どもですよね。分かってはいても、つい子どもを責めたりしていませんか? 叱らずとも、子どもが失敗した時に“あること”をすれば、脳がその失敗からしっかり学習してくれるんです。

今日は『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本と欧米の優れた点を取り入れたしつけを提唱している平川裕貴が、アメリカ・サザンカリフォルニア大学の研究を参考に、失敗をポジティブな経験に変える方法をお話します。

 

■人間の学習行動は2パターン

人間の学習パターンには大きく2つあると言われています。

1つ目は、してはいけないことをした時に叱られることによって間違いを繰り返さないことを学ぶパターン。これは、研究者の間で“脳の回避学習”と言われています。

2つ目が、褒められたり認められたりして、その行動を繰り返すようになるパターンです。これは、“報酬に基づく学習”と言います。

同じ学習でも、2つ目の学習パターンの方が、より精神的な満足感を伴います。実生活でも、叱られるのと褒められるのとでは、精神的な満足感は全く違いますよね。

LINEで送る