昼食代込みなら●万円以上、お宅は?子どもがいる「夫婦のお小遣い金額」のリアル事情

shutterstock_235482448

子どもがいない時期に自由にお金を使っていた夫婦は、子どもが生まれてから、お金の使い方で喧嘩になることもあるのではないでしょうか。これから子どもの教育費や住宅資金を貯めるためには、夫婦のお小遣いのコントロールも大切になってきます。

今回は、ファイナンシャルプランナーである筆者が“夫が貰っているお小遣い”について行なったアンケート調査の結果をもとに、子どもがいる夫婦のお小遣い事情と、喧嘩にならないお小遣い金額の決め方についてお話します。

 

 ■夫のお小遣いはいくら?

2014年にソフトブレーン・フィールド株式会社が“夫のお小遣い”について行ったアンケート調査によると、夫のお小遣いの全体平均は35,686円でした。前回(2013年)の調査結果では35,947円でしたので、261円の減額となったそうです。

ところで、お小遣いって、どこまでがお小遣いなのでしょうか。中でも気になるのは「お小遣いに昼食代を含むの?」ということです。同じ3万円のお小遣いでも昼食代を含むかどうかで、自由に使える金額は全然違いますよね。

先ほどのアンケート調査の結果によると、昼食代込のお小遣い額の平均が44,515円であるのに対して、昼食代別のお小遣い額平均は28,703円と、15,812円の開きがあるそうです。かなり大きな差が見られますね。

 

LINEで送る