「マザコンな夫」が「家族想いなパパ」に変わる!妻の取るべき行動とは

shutterstock_115987123

「ママっ子男子」という言葉をご存知ですか? 最近の若い世代には、休日に母親と二人でランチや買い物を楽しんだり、何でも話せる存在として母親を位置づける男子が急増しているそうです。

「マザコンとどう違うの?気持ち悪い!」という声もある一方で、「自分の息子には、ママっこ男子に育ってほしい!」というのが女性の本音かもしれませんね。

今回は『新・良妻賢母』認定講師の筆者が、単に仲良しなだけの“ママっ子夫”と、妻を悩ます“マザコン”の違いと、幸せな結婚生活を送るための“ちょっとしたコツ”を伝授いたします。

 

■“ママっ子夫”と“マザコンの違い”は?

母親が大好き。母親と仲が良い……と聞いただけで「それって、マザコンじゃない?」とアレルギーを起こす女性もいますよね。

けれど、仲が良いというだけではマザコンと決めつけることは出来ません。母親を毛嫌いしたり憎んでいるような男性より、良好な関係性を築けている人との方が、幸せな家庭を作り易いとも言えるのです。

健全な“仲の良さ”と“マザコン”。その二つを見分けるポイントがあります。それは、夫自身が母親のことを客観視できているか?という点です。

単に母親と仲が良いだけの男性は、自分の親の長所と短所をわかっています。そういう場合、たとえ妻が母親とは違う価値観を持っていたとしても、それはそれで受け入れてくれますし、妻のことも自然に大切にしてくれます。親とも妻とも良好な関係を作れる、コミュニケーション能力の高い男性ということですね。

それに対して、マザコン夫には“客観性が乏しい”という特徴があります。「母親は絶対に正しい」「母親を完璧な存在だ」という妄想から抜け切れていません。だから母親のいいなりになり、妻にもそれを強要したりします。妻の気持ちをないがしろにして、母親の機嫌ばかりを気にします。それは、母親から精神的に独立しきれてない証拠とも言えるのです。

LINEで送る