いざという時に!野菜ソムリエ直伝「子どもが病気の時に食べやすい、消化にいい食事レシピ」3選

178664327

秋に入り、朝晩はぐっと冷えるようになりましたね。その気温差と、夏の疲れなどもあり、ママだけでなくお子さんも体調を崩しがちな時期です。

そんなときは、水分をしっかり摂り、ゆっくりカラダを休めて、消化の良い食事を摂ることが一番です。これから出回る秋冬野菜は、身体を温めてくれて、身体の調子を整えてくれるビタミンやミネラルも豊富に含まれています。

普段の食事から野菜を積極的に摂り、お子さんの元気なカラダ作りをすることはもちろんですが、いざ病気にかかってしまった時にこそぜひ食べてほしいもの。

そこで今回は、野菜ソムリエの筆者が子どもが病気のときに栄養が摂れる、消化によい野菜を使った病時食レシピをご紹介します!

 

子どもが病気の時に作ってあげたい「消化によい食事」3選

●レシピ1:ネギたっぷりスープ

ネギの香り成分“硫化アリル”には、ビタミンB1の吸収を高め、疲労回復の効果が期待できます。その他、ビタミンCも豊富に含まれています。また、昔から、滋養強壮や、咳を鎮めてくれる効能があることも有名なので風邪の症状に効果的です。

ネギは子どもには辛くてなかなか食べられないものですが、スープにすると甘みが出て、たくさん食べられるのでおすすめです。

【材料】(作りやすい分量)

・ネギ・・・2/1本

・豆腐・・・1/4丁

・卵・・・1個

・中華スープのもと・・・小さじ2

・水・・・500cc

・塩・・・ひとつまみ

・酒・・・大さじ1

【作り方】

(1)ネギは小口切り、豆腐は小さめにカット、卵は溶いておく

(2)鍋に水を入れ、沸騰したら、ネギと豆腐を入れ、ひと煮立ちさせる

(3)中華スープのもと、塩、酒を入れ、卵を入れて、菜箸でぐるっと全体を混ぜたらできあがり

小なべに食べる分量のスープとごはんを入れて温め、おじやにしてもよく食べてくれますよ。

LINEで送る