1歳までの赤ちゃん期が「英語の聞き取り」能力UPに重要と最新科学で判明!

266775455

よく英語は早いうちに触れさせた方がいいと言いますが、英語の早期教育には、いろいろな意見がありますね。

ではなぜ幼児期から英語を学ばせた方がいいのか? 

筆者は30年以上に亘り、幼児の英語教育に携わっていて、その経験から英語の早期教育にはもちろん賛成派です。その理由はたくさんありますが、その中の一つに“言葉の臨界期”というのがあります。

今日は『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本と欧米の優れた点を取り入れたしつけを提唱している平川裕貴が、英語の早期教育が良い理由についてお話します。

 

■最新の科学が証明した言葉の臨界期

アメリカの非営利団体TED(Technology Entertainment Design)をご存知でしょうか? 学術・エンターテインメント、デザインなど、幅広い分野の専門家による講演会を主宰している団体で、その講演はだれでも見ることができます。

そのTED で、言語習得を研究しているパトリシア・クールさんの、乳幼児の言葉の習得に関する研究『赤ちゃんは語学の天才』が発表されています。

言葉の臨界期については、50年以上前から言われていますが、最新の科学技術によって作られた特殊な装置によって、実験・証明されたこの研究結果をみると、英語の早期教育がより英語を習得する上でより重要になってくることが分かります。

 

LINEで送る