ついやりがち!子どもに悪影響でしかない「パブロフの犬しつけ」とは?

子どもがやってはならないことをしたとき「○○ちゃん!」「○○君!」と大声で名前を呼んだだけで終わらせたり、「ダメ!」「こら!」「いけません!」などの命令口調で言葉をかけていませんか? 実はこれって“パブロフの犬”という実験と同じで、子どもは条件反射でママの言葉に反射しているだけなんです。

今回は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が子どもを“条件反射で従わせてはいけない理由に”ついてお話しします。

 

■パブロフの犬って知っていますか?

パブロフという研究者が行なった有名な実験があります。

(1)犬にベルの音を聞かせる。

(2)その直後に餌を与える。犬はエサを食べながらつばを出す。

(3)これを繰り返す。

(4)すると犬はベルの音を聞いただけで、唾液を出すようになる。

要するに、この犬は最終的に”エサを食べたとき”に出すはずの唾液を”ベルの音を聞いて”出す習慣がついてしまったのです。

子どもが悪いことをしたときに「○○ちゃん!」と強い口調で脅したり、「ダメ!こら!いけません!」の命令のフレーズだけをかけていると、子どもはその言葉に反射的に反応して一瞬言うことを聞きます。ベルの音で条件反射するのと似ています。

また、「ごめんなさいは!」と謝罪を直ぐに強要すると、「謝れば済む」という悪い習慣も付いてしまいます。でも、「本当にいけないことをしてしまった」と心から反省してはいません。だから数分もしないうちに同じことを繰り返したりします。

LINEで送る