アナタはどうしてる?専門家に聞く、幼児期のうちに「お金の大切さ」を正しく教える方法とは

「お金が欲しい!」子ども達は屈託なくそう言いますが、その言葉を聞いて返答に困らない大人はどれだけいるでしょうか? お金は現代を生きる為には必要なものですが、大人になると、何故か子ども達のようには言えなくなってしまいます。

また、子ども達が大きくなると、お金を使う楽しみを覚えて来ます。“お小遣い”“お駄賃”“買い物”……大人としてどう関わるのか、悩める両親も多いと思います。

そこで今回は、親子のためのマネー教室『マネラボキッズ』代表の盛美穂さんにお話を伺い、子ども達へお金との関わり方を大人が教えるコツを教えて頂きました。

■ 「おこづかい」を始める前から、子どもに教えておきたいコト

子ども達対象のマネー教室と言うと、どうしても“おこづかい”をはじめとする“お金の管理のしかた”を連想してしまいますよね

実際に盛さんも当初はおこづかいが身近にある小学生対象に教えていらしたそうですが、そのうちに「おこづかいを始める前の幼児期のうちに、お買いもの経験、お金やモノを大切にし、感謝の気持ち……など、身につけておいて欲しいことがたくさんある」と気づかれたのだそうです。

■お金は幸せになるための「仲間」!

お金ばかりに執着すると、“いかに楽をして手に入れるか”“他人を出し抜くか”という方向へ行ってしまいがちです。

でも盛さんは「“お金と人”は必ずセットでお金の向こうには必ず相手がいます。実はお金との関わりは人と人とのやりとりであることに気づきます。すると“感謝の気持ち”といった感情の部分が大切になってきます」とおっしゃっています。

「こういったことを幼児のうちにベースとして持っておくと、小学生になってからもおこづかいの管理だけではなくて、お金を通して社会と関わることがとてもスムーズにできるようになっていきます」

でも具体的にはどのようなことをしたらいいのでしょうか?

そんな盛さんの信条をもとに、マネラボキッズでは、ドーナツ屋さんごっこや劇を通して“おかねが働いて手に入ること”、“おかねをお財布にきちんと入れること”、“お店の人と「ありがとう」など声をかけてやりとりをする”といった要素を入れ、子ども達が「楽しい!」と思いながら自然に楽しく学べるようなプログラムにしているそうです。


■理想はお母さんが先生になること!

盛さんが目指すのは“お母さんが先生になること”なのだそうです。だからこそ、親子で一緒に参加してもらって、帰ってからもおうちで実践したり継続できるような気づきやきっかけとなるように工夫している、とのことですよ。

 

■「家族で持つ、幸せなお金」のワークショップ

マネラボキッズで行われる幼児向けワークショップの代表例が『ファミリー貯金箱づくり』。このワークショップでは、その場で家族全員で楽しみたいことを考え、そのための貯金箱を作り、“おかねを貯めること”、“楽しいことに使うこと”、“そのために待つこと”を家庭に帰ってからも家族一緒にできるようにしたもの。

あなたのご家庭でも実践してみてはいかがでしょうか。

 

もし子ども達を目の前に、お金のことで困った経験があったら、マネラボキッズのようなワークショップに親子で参加してみてはいかがでしょうか? 子ども達の楽しそうな表情に、パパやママもお金に対するイメージも変わるかもしれませんよ! 

 【関連記事】

asmil

aqura

※ 1カ月で3~4万円の差!? 家計相談から見えてきた「夫が感じる妻の無駄遣いベスト3」

※ 【100万円なんて当たり前】マネーのプロがこっそり教える!ママが賢く「へそくり」を貯める方法3つ

※ 専門家に聞いた!3歳までの「子ども貯金額」いくらが理想?

※ 何から始めたらいいの!? 新入学準備で外せないポイント3つ[PR] 

※ もう肌トラブルで悩まない!あなただけのオーダーメイド化粧水の作り方って?

【姉妹サイト】

※ 恐るべしすっぽんパワー!1日たったの100円で肌年齢が20代!?[PR]

※ 貯め時を間違えると大変!子どもを大学まで行かせる貯金計画の立て方 

※ なんと96%が実感!? ダイエッター女子に大人気の●●ダイエットとは?[PR]

※ 二の腕ヤバい…1日たった2回で驚くほどスッキリ腕を作る「ネジネジ体操」とは 

【画像】

※ Syda Productions / shatterstock

【取材協力】

盛美穂・・・大手金融機関勤務、輸入およびオリジナル知育玩具会社の販売を経験後、FP資格を取得。子供のための金銭教育を広めたい!との想いから親子マネー教室「マネラボキッズ」を主宰。「おかね・お仕事・社会」をテーマにお金と夢のワークショップを開催している。

【著者略歴】

※ mica・・・現代美術ギャラリー勤務時に夫と出会い半年で結婚、渡米。アメリカで年子姉妹を産み帰国。その後日本で3女と長男を自宅出産。現在は夫・姑・4人の子と共にシンガポール在住。 長女の不登校や苦しい罪悪感だらけの子育てを経て、今では自然体でこどもと接することが出来るようになった自身の経験を活かし、子育てアドバイザーの資格を取得。著者ブログにて、記事の裏話を更新しています!

【画像】

※ shutterstock

LINEで送る