ツボ押しもあり!美容指圧師が教える「つわりを乗り切る意外な対処法」5つ

9631876

“つわり”と言うと、妊娠直後からすぐ始まるイメージをおもちの方もいるかと思いますが、一般的に妊娠5週前後くらいから始まるとされています。

つわりの度合いや症状には個人差がありますが、妊娠初期の大切な時期に吐き気等で何も手につかず、食べることすら出来ないとなると、女性にとっては本当に辛い体験になりますよね。

そこで今日は、美容指圧師で3児の母でもある筆者が、そんな辛いつわり期を乗り越えるための簡単かつ意外な対処法をご紹介します。

 

■辛~いつわり期を乗り切るための「簡単&意外な対処法」5つ

(1)つわりに有効なツボ

手のひらを上に向けた状態で、手首の中心から肘の方に向かって指3本分のところにあるのが“内関”と呼ばれるツボです。そこを指で押します。強さは、心地よいと感じるくらいか、または少し強めでも良いでしょう。

このツボは、つわり、吐き気や胃痛等に有効とされていて、乗り物酔いに効くツボとしても有名です。つわりの症状が出たら、このツボを押してみると良いでしょう。

 

(2)食べたいものを食べられる時に

つわりの時期は、吐き気に襲われなかなか食事が取れない、または、空腹になると吐き気を感じるので常に食べていなければならない人もいるでしょう。

ここで大切なことは、いづれにせよ“食べたいものを食べられる時に食べる”ということです。体が欲するものは、体が必要としているものだからです。

とは言え、妊娠初期の摂取カロリー量は妊娠していない時とあまり変わらないので、食べたいと感じたときにはなるべく栄養バランスのとれた食事をとるように心がけましょう。

LINEで送る