ココが違った!賢いママはしつけに応用してる効果バツグンな「貼り紙効果」3つとは?

35531653

つい最近、東急電鉄のマナー啓発ポスターが話題となっていましたね。ヤクルトスワローズの選手達の逞しい姿とは対照的に「座席は詰めてスワローズ」というダジャレの効いたゆるいキャッチコピーが書かれたインパクトのあるポスターです。通勤途中の人の目にとまり、SNSなどでじわじわと人気を呼んでいるそうです。

昔から、“百聞は一見に如かず”という諺があります。

“耳だけで聞くよりも目で見た方が記憶に残る“という意味です。会議のプレゼンでもパワーポイントを活用したり、学校の先生も大事なことは黒板に書きますよね。ポスターもその一つですね。

これを躾にも利用してみましょう。

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“家庭でできる貼り紙効果”についてお話ししたいと思います。

 

■家庭でできる3つの貼り紙効果

(1)食事中のマナー

食事中、音をピチャピチャ立てている子ども、気になりますよね。

でも「音を立てないの!」と否定形を使って命令したら楽しい食事時間が台無しです。かといって「口を閉じてモグモグしよう」と肯定形で言ってみても子どもにとってはなんだか意味不明な擬音語で伝わりづらいです。

そんな時はママが実際に口をモグモグして食べるのをやって見せて真似させましょう。

また、子どもが上手に食べている写真を撮ったり、絵を描いておきポスターのように貼っておくのもよいでしょう。20回言ってもわからなかったことが一瞬で理解できます。

ポスターが良い点は、ママも口うるさく言わなくて済むことと、横について見張っていなくても写真や文字が示してくれますから親子ともにストレスがかからない点です。

LINEで送る