1時間以内に処置しないと死の危険も!万が一「スズメバチに刺されてしまった時」の応急処置3ステップ

152732504

暑さもひと段落し、ますますアウトドアが楽しい季節となりましたが、これからの時期は特に“スズメバチ”に注意が必要なんです。

つい先日も福岡県でボーイスカウトの小学生ら11人がスズメバチに刺され救急搬送されるというニュースがあったばかり。楽しいアウトドアで、もしも我が子が刺されてしまったら……どうしたら良いのか分からずパニックになってしまいそうです。

そこで今回は刺されると痛いだけじゃなく、最悪の場合死に至る“スズメバチ”に万が一刺されてしまったときの応急処置の方法をご紹介します。

 

■スズメバチが怖いワケ

スズメバチの活動が活発になるのは、次の世代の女王蜂を育てる繁栄期間となる8月から10月と言われています。この時期巣には攻撃的になっている数百匹ものスズメバチが住みついているため、スズメバチに刺される事故が多発するのです。

スズメバチが他の虫刺されよりも恐れられている原因の一つが“アナフィラキシーショック”。最悪の場合死に至るケースもある危険な症状があるからです。

●アナフィラキシーショックの症状

・全身に蕁麻疹がでる

・発汗、頭痛、吐き気などの症状がでる

・気道収縮によって呼吸ができなくなる

・血圧が急に低下し、意識がなくなる

“スズメバチに2回以上刺されるとアナフィラキシーショックになる“という話を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、森林総合研究所の資料によると、アナフィラキシーショックになるかどうかは刺された回数よりも、“ハチ毒アレルギーかどうか”が重要なんだそう。

ハチ毒アレルギーの人はスズメバチに刺される回数が増すと、体が起こすアレルギー反応が強くなる可能性があるため、とにかく刺されないように気をつけましょう。

 

LINEで送る