8割の子どもが嫌がっている!? 上手に「粉薬」を飲ませるための意外な方法3つ

126549848

病院や薬局で処方されたお薬を子どもに飲ませるのに、四苦八苦しているママは多いのではないでしょうか? 飲むのを嫌がったり、飲んでくれなかったり、吐いてしまったり……。

中でも特に病院で一番処方されることが多く、飲ませる機会の多い粉薬はなかなか飲んでくれずに苦戦を強いられるものです。

どうすれば子どもに無理なく粉薬を飲んでもらえるのでしょうか?

そこで今日は、子どもに上手に散剤(粉薬)を飲ませる方法についてお伝えします。

 

84.2%もの子どもが嫌がった薬は、やっぱりアレ!

日本調剤株式会社が、全国の乳幼児(0歳~5歳)を持つ親を対象に『子どもの薬に関する調査』を実施しました。

それによると、61.7%が、子どもが飲み薬を嫌がったり、飲まなかった経験がある、と答えたとのこと。

そして、子どもたちが最も嫌がった薬は、『散剤(粉薬)』で、なんと84.2%もの子どもが飲むのを嫌がったり、飲まなかったという結果に。

次に多いのは、子どもが飲みやすいよう工夫されている『シロップ』(38.3%)でした。

散剤(粉薬)は大人でも飲みにくく、むせたりしてしまうときもありますが、やはり子どもには圧倒的に嫌がられるものなんですね。

ちなみに、子どもに薬を飲ませる方法で最も多いのは、『そのまま飲ませる』(57.7%)、次に多いのは『ジュースなど飲み物に混ぜる』(27.8%)でした。意外にも、0歳~5歳のどの年代の子どもでも、そのまま飲ませている親が多いようです。

 

LINEで送る