実は4人に1人が経験アリ!? 夫婦ゲンカがDVに発展してしまうので「絶対にやってはいけない」妻のNG行動とは?

273337160

昨日、人気作家の冲方丁さんが妻へのドメスティックバイオレンス(DV)で逮捕されるというショッキングなニュースがありましたよね。最近、頻繁にDVによる暴力事件がテレビや新聞で報じられていますが、心のどこかで“自分とは関係がない世界”と思っていませんか?

内閣府の調査データによると、女性の4人に1人がパートナーからのDV被害を受けたことがあり、約10人に1人が何度も被害を受けているそうです。つまり、DVはいつ自分の身に降りかかって来てもおかしくない問題と言えるのです。

そこで今回は『新・良妻賢母』認定講師の筆者が、夫婦ゲンカをDVに発展させない方法をわかりやすく伝授します。

 

■夫婦ゲンカが「DVに発展してしまう」NG行動

妻に対し感情が高ぶって、思わずちょっと手が出てしまう男性は、実は珍しくありません。直接暴力を振わなくても、人格否定レベルの暴言を吐いたり、物を投げたり、壁を拳で殴って威嚇したりすることも、相手が恐怖を感じた時点でDVとみなされます。

このような行為をされた方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

特に、自分の考えを理解してもらいたくて必死に伝えても全然わかってくれないどころか、否定ばかりされてツラい気持ちになったことはありませんか? 夫婦の話し合いがうまく噛み合わずに、ケンカに発展してしまうという経験は、誰にでもあると思います。

 

ケンカに発展したとき女が「絶対してはいけない」こと

ケンカになってしまった時は、一歩引いてお互いクールダウンすることがとても大切です。一旦頭に血が上ってしまうと、本来の話し合わなければならない本筋から外れたところで言い合いをしてしまいます。心にもない、ただ相手を傷つけるような言葉で攻撃し合うことにもなりかねません。

こうなると多くの男性は、部屋や家を出て行き、しばらく帰って来ないことがしばしばありますが、これは“このままだと妻を殴ってしまいそうだ”というサインなんですね。

そんな夫に向かって「まだ話は終わっていないわよ!逃げないでよ!」と引き留めてしまう妻が本当に多いのですが、これは絶対にNGなのです!

妻は気持ちをわかってほしい一心で、出て行く夫を引き留めたくなるものですが、頭に血がのぼっている夫には“聞く耳”自体ありません。無理に話し合いを続けようとした結果、夫が思わず手をあげてしまい……DVといわれる状況に悪化した例は非常に多いのです。

LINEで送る