なかなか仕事が決まらない?「ママ就活」で見落としがちなコトをチェック!

287357621

「出産を機に退職したけれど、やっぱり働きたい!」と思っているママの中には、そろそろ就職活動をしようと考えている方も多いのではないでしょうか?

でも、夜遅くまで残業があったり、子どもの病気などで急にお休みすることができない環境だったりすると、育児をしながら働くのはちょっと難しいですよね。

ファストファッションでおなじみのユニクロから“正社員でも本人が希望すれば週休3日制度が利用できる”という発表があり話題となりましたが、ママとしてはこういった制度のある企業って興味がありますよね。

そこで今回は、“ママ就活”で結構使える豆知識をお伝えします!

 

■ステップ1:コレだ!」と思える求人や仕事を探す

177870332

お仕事ブランクがあるママは、最近の求人状況や市場の動向を確認しましょう! “お仕事”は会社に勤める方法以外にもたくさんあります。まずは自分の希望条件を洗い出し、「コレだ!」という求人を見つけることがスタートです。

(1)インターネットで市場状況を把握する

求職活動でまずできる事と言えば、インターネット検索ですね。場所、時給、勤務時間以外にも細かな条件を元にお仕事検索できるだけでなく、主婦の方専用の求人サイトなどもあります。手始めにまずそういった所、現在の市場状況を把握しましょう。

(2)友人や知り合いの職場で働く

全く知らない企業などでは履歴書重視になるため、面接にまで辿り着かない場合もありますが、友人からの推薦であれば、通りやすいことも。特にママ友や学生時代の女友達の紹介なら、同じような子どもがいる女性も多く活躍している職場である可能性もあります。

(3)フリーランス・起業という選択

最近話題の“ママ起業”。自分のペースで仕事ができるので、子育てや家事との配分も自らコントロールできるという意味では全て自分の希望通りにすることができる仕事です。ただし、起業は手続きが煩雑で法人税も発生するため、業種によってはフリーランスとして活動する方法もあります。

 

LINEで送る