1~2歳期は「社会性」は育たない!? この時期優先すべきは親子の●●だった!

195133535

子どもが1歳を過ぎた頃から“そろそろ集団の中に入れて外の世界で社会性を身につけさせよう”なんて考えるママも多いのではないでしょうか?

でも実は、社会性って小さいうちから集団に入れて身につくものではないのです。

1、2歳の時期には子どもの年齢と発育度合いに適した社会性よりも優先すべき大切なことがあります。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、1、2歳の時期の子育てでママが忘れてはならないコトについてお話ししたいと思います。

 

■1、2歳児は「社会性が育たない年齢」

子どもをできるだけ早く集団に入れて「社会性やコミュニケーション能力をつけさせたい」と考える親心は分かりますが、早く集団に入れたからってその能力が人より早く伸びるわけではないのです。

“平衡遊び”という言葉があります。これは同じ場所にいて同じ遊びをしながらも、相互に関わりを持たない状態を差します。

例えば、砂場にいる4歳児は協力し合って山を作ったり池を掘ったりしますが、1、2歳児はそれぞれ砂を手ですくって遊んだり、団子を作っているのがこの時期の特徴です。また、公園で鬼ごっこやかくれんぼをする2歳児はいません。

1、2歳まではまだ大人対子ども、特にママと子どもの関係性、絆を作る大事な時期です。

「ママにくっ付いてばかりいないで皆と遊びなさい」とママが突き放してしまうと、子どもは他人と関わることに恐れを抱いてしまいます。

 子どもを集団の中に入れる前に、まずは親子の愛着形成をしっかりと作ることを優先させましょう。

 

LINEで送る