3歳からはじめよう!入学目前に教えても遅い「勉強よりも大切なこと」5つ

cute  baby girl housewife iron clothes iron, is engaged in domestic work

子どもの成長って本当に早いですよね。「小学校入学なんてまだまだ先のこと」って思っていても、気づけばピカピカの1年生になっていたりします。

ですから、きちんとした準備ができずに入学直前になって「うちの子、小学校でやっていけるのかしら……」と心配になってしまうママが多いそうです。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者・立石美津子が小学校に入学するまでに身につけたいことについてお話します。

 

■1:時間の管理

小学校では、時計を見たり、チャイムの音に合わせて行動しなくてはなりません。時間の概念がないと、休み時間が終わっても教室に戻らないということがありえるのです。

入学してから初めて算数のプリントに書かれた絵で時計を覚える子がたまにいますが、そもそも時間は勉強するものではなく、生活の中で体感して理解していくものです。

ですから、まだ3歳くらいの子に対しても「早くしなさい」と声をかけるのではなく、「そろそろ8時だから寝る支度をしなさい」「3時になったらおやつにしようね」と、時間を意識した会話を心掛けましょう。

 

■2:持ち物の管理

“片付けの習慣”が身についていないと、物をすぐになくしたり、忘れ物をしたり、机やロッカーの中がゴミだらけになってしまいます。

持ち物の管理能力は“使ったものは元の場所に戻す”ということをコツコツと続けていくことで習慣化されます。散らかしたおもちゃをママが片付けるのではなく、自分で元の場所に戻せるようなしつけを小さなころから行っていきましょう。

また、翌日の時間割を確認し、持ち物を準備することも必要になります。幼児期から自分で通園カバンに持ち物を入れさせることで、準備も習慣化しましょうね。

 

LINEで送る