水難事故の約5割が海!海水浴に行く前に絶対知っておきたい「危険な水の流れ」の新常識

98835485

98835485

東京では一週間連続して猛暑日となり、今もなお記録を更新しています。こう暑いと、涼を求めて川や海へ遊びに出かける機会が多くなりますよね。

ですが、今年も既に子どもの悲しい水難事故のニュースを耳にしています。

警視庁によりますと、去年起きた水難事故件数は1,305件、水難事故に遭った人数は1,491人もいたそうです。死者・行方不明者数は740人で、子どもに至っては55人でした。

海での水難事故は全体の47%と約半数も占めているそうです。

そこで今日は海に行ったら気をつけたい“怖い水の流れ”とその対処法をご紹介します。

 

■知っておきたい!海の「怖い水の流れ」2つ

海で最も気をつけたいのが水の流れ。ちょっとした隙に水の流れに巻き込まれ、大人でも最悪な事態を引き起こす可能性があるのです。海へ行ったら気をつけたい水の流れは以下の2つです。

(1)水泳選手でも流さる!「離岸流(りがんりゅう)」とは?

遠浅の海岸で起こる可能性があり、毎秒2mという速さで浅瀬から一気に沖合まで流されてしまいます。陸に向かって泳いだとしても、離岸流に流されてしまったら水泳選手でも流されてしまう恐ろしい現象です。

小さい子供がいると浅瀬で遊ぶ事が増えるので、巻き込まれないよう注意を払う必要があります。夢中で遊んでいると流されている事に気付きにくくなるので、親が子どもの側を離れず、目安となるものを定めて、今いる地点を確認しておくことが大切です。

LINEで送る