原因は汗じゃなかった!夏のお悩み「ドロドロメイク崩れ」をガラリと改善させる3つのテクニック

207653422

暑~い時期に多くの女性が悩まされている“化粧崩れ”。そこで、万全な汗対策をするのですが、やっぱり化粧くずれしてしまう……こんな経験ありませんか?

今回は、トータルビューティサロン支配人でもある筆者が、化粧崩れの意外な原因と今日からできる対処法をお伝えします。

 

■化粧崩れの意外な原因とは?

実は、化粧崩れの一番の原因は“汗”ではありません。メイクを落とす時は、水だけではなくメイク落としを使いますよね。つまり、“大半が水分である汗”だけではメイクが落ちることはほぼないのです!

それでは、なぜ化粧が崩れてしまうのかというと、その最も大きな原因は“皮脂(顔の脂)”なのです。

夏場は暑さから大量に汗を描くだけでなく、冬の約2倍もの皮脂が分泌される時期でもあります。皮脂腺で作られた皮脂は、毛穴を通して皮膚表面に溢れ出てくるため、そのまま放っておくと、次第に脂ぎった肌となり“テカリ”の元となってくるのです。

 

■なぜ夏に皮脂が増えるの?

テカリの原因となる疎ましい皮脂ですが、実はお肌の潤いを保つ“天然のクリーム”の役割も果たしている大切なものです。

夏は湿度が高く、汗もかくので、お肌が潤っているように感じますが、実際は汗とともにお肌の保湿成分が余分に流れてしまったり、紫外線やクーラーの風からの影響で、乾燥しているケースが少なくありません。

こうなると、お肌は乾燥しないように余分に皮脂を出し、乾燥肌なのにテカリ肌という“お肌の悪循環”状態になってしまうのです。

メイク崩れを避けるためには、この“お肌の悪循環”に陥らないように、肌を保湿することが大切。保湿は冬場のお肌のケアだと思われがちですが、夏のお肌は見た目よりも乾燥をしているのです。次の3つのテクニックをマスターすれば、メイク崩れを根本的に改善するすることができますよ!

LINEで送る