この服、イヤ~!イヤイヤ期の子どもに親が選んだ服を「気持ちよく着させる」方法とは

126665819

親が与えた服を素直に着る子がいる一方で、なぜか同じ服ばかり着たがる子どもっていますよね。

せっかく芽生えた子どものこだわりや好み。大切にしてあげたい気持ちは山々なのですが、猛暑日にお気に入りだからと言う理由で厚手の長袖シャツを着せることは、熱中症の心配もあり、ママとしては受け入れられないですよね。

でも、いくら理由を説明しても「これじゃなきゃヤダ!」と言ってきかない子どもにはどうした良いのでしょうか?

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者・立石美津子が、子どもが同じ洋服を着たがる理由と対処法についてお話しします。

 

■子どもが「新しいもの」を拒絶するのは当たり前

まだ、生まれて数年の子どもにとって、毎日の何気ない生活は未知との遭遇の連続です。新しいものに対して、素直に受け入れる子どももいれば、毎回不安になってしまうデリケートな子もいるのです。

これは、食べ物の好き嫌いに例えるとわかりやすいのですが、見たことも口にしたこともないものにチャレンジするのは大人でもかなりの勇気を必要とするものですよね。感覚が鋭い子どもは、食べたことのないものを警戒するように、着る物に対しても初めてのものに拒否反応を示すことがあります。

ママだってお気に入りの靴や洋服ばかり来たり、セールの度に似たような服ばかり選ぶことがあるでしょう。それは子どもでも全く同じ事なのです。

 

LINEで送る