みんなで一緒に「いただきます」ができない子に見られる2つの日常行動パターンとは

91851938

親戚やママ友の集まりの場での会食。まだ“いただきます”をしていないのにジュースを飲んだり唐揚げに手を付ける我が子……。

こんな時、“しつけのなっていない親”と思われているようでなんだか肩身の狭い思いをした経験ってありませんか?

そこで、今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、みんなと一緒に「いただきます」ができない子の意外な原因と家庭でできる練習のコツをお話ししたいと思います。

 

■3歳になったら「みんな揃ってから食べること」をしつけよう

家庭では席に付いて“いただきます”をしたら直ぐに食事はスタートしますよね。でも外で食事の際、例えば結婚式に呼ばれた場合などは目の前のご馳走を前に長い来賓の挨拶があります。言葉が悪いですが“犬の餌のお預け状態”になることはしばしば起こります。

このように、食事はいつも子どものペースで進むとは限りません。だから“みんな揃うまで食べることを我慢する”ことのしつけも子どもが3歳になった頃くらいから徐々にマナーとして教えていかなくてはなりません。

LINEで送る